子供の円形脱毛症

幼児期に多い子供の円形脱毛症


幼児期に多い子供の円形脱毛症

子供の円形脱毛症は幼児期の発症例が多いようです。
幼児期に発症した場合はアレルギー性皮膚炎や
アトピー性皮膚炎、喘息を併発します。

自律神経や内分泌異常、自己免疫疾患などもあげられます。

幼児期に発生した円形脱毛症は治りにくいようです。

子供は気がつかないでストレスを抱えている場合もあります。
イジメ、塾、友達、家庭環境など

円形脱毛症を友達にからかわれて、余計ひどくなったという
話を聞いた事があります。

円形脱毛症を発症した子供にはゆったりした環境を
与えて、ストレスを軽減してあげることも必要です。


円形脱毛症の原因



円形脱毛症 治療法

円形脱毛症の病院における治療法



円形脱毛症の病院における治療法

病院の治療法には以下のものがあります。


・自然治癒
 ストレスによる要因が大きいと見られる場合はその
 ストレスを解消することで自然治癒します。


・ステロイドによる治療
 ステロイド剤を脱毛部分に直接注射する治療方


・PUVA療法
 脱毛部分に紫外線を照射する光化学療法

・ドライアイス療法
 ドライアイス又は液体窒素を患部にあて刺激を与える
 方法です。有効率は70%といわれています。

・レーザー治療
 血行促進を行い発毛を促す方法と、一度脱毛を行い毛根に
 栄養を与える方法があります。

・プロペシア治療
 抜け毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を
 抑える、飲み薬による治療法です。


こちらの治療法は自然治癒以外すべて病院で行う方法です。
病院で何科を受診したらいいか迷うかと思いますが
まずは皮膚科で受診してください。


isi1.png


<<前の2件  1 2 3 4 5..  次の2件>>


スポンサードリンク




Powered by さくらのブログ